検索

信頼できる酵素とは

安全な酵素


酵素商品はたくさんありますが、選ぶ時には注意が必要です。添加物が含まれていたり、他の液体や水で薄められていると効果は期待できないどころか、摂取が逆効果になってしまう場合も。


be my flora HK 香港

NG酵素のチェックポイント


信頼できる酵素のチェックリストです。

添加物

​保存料などの添加物や不純物を足している。

加糖

味をよくする果汁や果糖液糖、人工甘味料を足している。

白砂糖

熟成に白砂糖を使っている。

産地

原材料の産地や収穫方法が明確ではない。

農薬

農薬を使い育てられている野菜や果物を使っている。

お水

残留塩素の多い水道水などを使用している。

製造方法

製造場所、製造方法の不明瞭。

発酵方法

人工的に熱や圧力を加えて発酵を早めている。

微生物添加

後から乳酸菌などの微生物を加えている。

熟成回数

熟成期間が短いもの、発酵回数が二次発酵以下のもの。

粉末化

粉末化、製品化するために凝固剤を使っている。

臨床検査

臨床データ、サンプリングデータなどが取られていない。

これらはとても厳しいリストですが、健康のために摂取する酵素が実は健康に逆効果とならないようにとても重要な項目になります。

添加物については、成分表などのラベルをチェックすること、原材料の出所細かい製造方法は情報をきちんと取りに行くことが重要です。


酵素は丁寧に作られるもの


比較的安価に売られている酵素、または飲みやすく改良されている酵素はどのように作られているか確認することが重要です。

発酵とは、通常長い年月をかけてじっくりと起こり労力もかかるものです。ところが、白砂糖を使ったり熱や圧力をかけると人工的に発酵状態を早めることができます。


「美味しく」するために、果汁や果糖液、人工甘味料を入れている製品の場合、ファスティング時に使用すると逆効果になります。なぜなら、空腹時に摂取すると血糖値の急上昇を引き起こしてダイエット効果にも健康的にもよくないことになります。


農薬不使用だけでOK?


「農薬不使用」だけで安心してはいけません。

材料に農薬が使用されていないだけではなく、その土壌が過去に農薬が使用されれば農薬は検出されることがあります。そのような土壌は環境汚染がないとは言い難いものです。


粉末化や製品化するための凝固剤もまた、添加物となります。

「飲みやすい」はどのような過程を経ているのか自分が自分自身の健康の監督となることが大切です。


be my floraは?


→be my floraはこの項目の全てをクリア

農薬が使われていないだけでなく、過去に化学薬品や農薬も一切使用したことがない環境汚染のないブラジルの農場で育った材料を使用しています。

証明としてもbe my floraは112種類の農薬検査を実施し、112種類全ての農薬が検出されませんでした


→原液100%

be my floraはお水やジュースで薄めていない100%原液のままです。そのまま飲むことはもちろん、炭酸水に入れたり、お料理にも使うことができます。


→加糖は一切なし

果糖液糖や果汁、人工甘味料は足しておりません。果物などの材料が合わさってほのかな甘みが感じられます。プルーンのように濃厚で甘酸っぱい味です。


→お水まですごい!

be my floraを作る時に使用されているお水は超軟水で、脂肪も溶け出すシリカ水です。お水だけでもとても貴重で特別なものになります。


→丁寧な製造方法

be my floraは食べられる状態のものを原料としています。例えば、お米は炊いてから使います。このような丁寧な製造がbe my flora酵素です。


→微生物無添加

後から乳酸菌などを入れる微生物を添加する酵素も見られますが、be my floraはそのような添加もありません。乳酸菌などのプロバイオティクスよりも、善玉菌の餌となるプレバイオティクス を摂取することが大事です。be my floraは現在腸活で最も注目されているプレバイオティクス です。


→熟成回数

三次発酵は一般的な発酵回数ではありません。be my floraがなぜ三次発酵までしているのかと言うと、三次発酵には地場菌、つまりその土地にしかない土壌菌の作用で奇跡の三次発酵をしているのです。これは酢酸化している貴重な酵素です。甘酸っぱさは酢酸の風味です。


→臨床データ

be my floraはとても詳細な臨床データを慶應大学や北里大学、海外の大学や研究機関で取得済みです。

各効能や効果は信頼できるものです。


be my flora 香港

最新記事

すべて表示

Media情報